私の作る字幕の利点と欠点

私の作る字幕の利点

  • 既存の字幕の付いてないDVDをパソコンで再生する時に字幕を付けることができる。
  • 既に発売されてるDVDに字幕が付いてなければ聴覚障害者の需要に応える事ができないが、字幕ファイルがあれば、少しだがDVD販売及びDVDレンタルの需要の拡大につながる。
  • 高齢化社会を迎える日本でパソコンを使えて聴力が衰える人口が増えるので少しだがDVD販売及びDVDレンタルの需要の拡大につながる。
  • 音量を小さく絞って鑑賞しなければならない場合でも字幕があれば内容を把握できる。
  • 字幕作成からDVDを再生しながら字幕を重ねて表示するDVD再生ソフトまで全て無料のソフトウェアで行える。

私の作る字幕の欠点

  • パソコン以外のDVDプレーヤー(家電機器)で字幕の再生は不可能。
  • 家電機器にフォントが組み込まれていてソフトウェアでDVD再生が制御できる機器なら、プログラムを組み込むことで対応できると思う。
  • パソコンで字幕を重ねて表示するにはパソコンの性能がある程度高くなければいけない。
  • メーカー製パソコンでは、2002年前後に発売されたWindowsXPが標準で搭載されたパソコンなら大丈夫なようです。詳しい再生環境は字幕再生ページの最下部「字幕再生できる環境」を参考にして下さい。
  • 日本語字幕ファイルの海外流出で、海外未発売のDVDに英語などの字幕が付いた海賊版の流通が加速されると予想される。
  • 字幕作成時に海外未発売のDVD作品を避ける事で対処。(英語版が発売されれば、わざわざ難しい日本語から英語以外のスペイン語などに翻訳する事は無いと思われる)
  • 既存の字幕制作者及び字幕制作会社に影響を及ぼす。
  • 新規作品の字幕作成は行わない事で対処。
  • 発売から一定の期間(例えば6ヶ月とか1年とか)過ぎた作品に絞る事で対処。

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-07-31 (木) 14:05:32 (1876d)