KeyPlayer

  • ソースコードが公開されてるマルチメディアプレーヤーソフト
  • 文字起こしに便利な機能搭載!
  • アクティブになって無くても、Ctrl+Shift+他のキーで停止やちょっと巻き戻しなど可能。
  • 再配布や改造も自由だそうです。
  • サイトは http://shokai.org/

スクリーンショット

  • 通常画面
    keyplayer_1.png


  • 拡張画面
    keyplayer_2.png


  • 文字起こし風景
    keyplayer_3.png

KeyPlayer再配布

  • 以下のファイルをダウンロードしてください。

インストール方法

  • Microsoft .NET Framework2.0が必要です。詳しくは解凍後のReadme.txtを見て下さい。

使い方

  • 基本的にWindows Media Player*1と同じです。
  • 再生時の映像サイズはプレーヤーサイズになります、プレーヤーサイズをマウスドラッグで変えれば映像サイズもアスペクト比を保ったまま変更されます。
  • キー入力に関して
  • keyPlayerがアクティブな時は「スペース」キーで一時停止と再生
  • keyPlayerがアクティブな時は「B」キーで2秒戻る
  • keyPlayerがアクティブな時は「N」キーで2秒進む
  • keyPlayerがアクティブな時は「カンマ」キーで5秒戻る
  • keyPlayerがアクティブな時は「ドット」キーで5秒進む
  • 他のソフトがアクティブな時は「Ctrl」+「Shift」+「スペース」キーで一時停止と再生
  • 他のソフトがアクティブな時は「Ctrl」+「Shift」+「B」キーで2秒戻る
  • 他のソフトがアクティブな時は「Ctrl」+「Shift」+「N」キーで2秒進む
  • 他のソフトがアクティブな時は「Ctrl」+「Shift」+「カンマ」キーで5秒戻る
  • 他のソフトがアクティブな時は「Ctrl」+「Shift」+「ドット」キーで5秒進む
  • 文字起こしする時はメモ帳などのテキストエディタとkeyPlayerを立ち上げます。
  • テキストエディタに文字を打ち込みながら聞き逃した時やキー入力が間に合わない時などにkeyPlayerをアクティブにすることなく「Ctrl」+「Shift」+「カンマ」キーで巻き戻したり、「Ctrl」+「Shift」+「スペース」キーで一時停止して使います。

ドキュメント



*1 OSにインストールされてるWindows Media Playerを呼び出して動作させてるのでバージョンはユーザー毎に異なります

添付ファイル: file060902_KeyPlayer1.12.zip 2050件 [詳細] filekeyplayer_3.png 2259件 [詳細] filekeyplayer_2.png 1699件 [詳細] filekeyplayer_1.png 1623件 [詳細]

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-07-17 (木) 08:35:25 (1914d)